home.lil69ili.com "MYSTERY CHANNEL"

日本語が読めない人は、『全自動翻訳機』をお使いください。
If you cannot read Japanese-Language, please use "Full Automatic Translation Machine."

英語が読めない人は、お近くの『大卒者』に聞いてください。
If you cannot read English-Language, please ask to your near place's "College Graduated Person."

2016/03/26/PM12:00
Internet Explorer の画面上部の『ツールバー』の中の『ツール』から、『互換表示設定』を選択して、『lil69ili.com』と『l1q9b6z2.com』を追加してください。『イントラネットサイトを互換表示で表示する』『Microsoft 互換性リストの使用』という項目は、このサイトとは関係ありませんので、チェックを入れても、入れなくても、どっちでもいいです。(通常は、『イントラネットサイトを互換表示で表示する』にだけ、チェックがはいっています。)

SETTING ... 5 ARTICLE / 1 PAGE


No.079

2016/08/03/PM19:30
[Article No. 2016 0803 1930]


8月2日、小池百合子:東京都知事、『アイボリー』のパンツ・スーツと、『ブルーオーシャン』のシャツで、初登庁。

【<注意>ファッション用語で「パンツ」は、主に、「ズボン」を意味します。日本語の「ズボン」は、フランス語から来た発音らしいが、詳細は不明。】


【産経】
【小池都知事始動】「291万票の思い 実行していく」
<VIDEO 00:02/17> [配信 2016/08/02]


【ウィキペディア】
ブルー・オーシャン戦略


【JMR生活総合研究所】
ブルー・オーシャン戦略


【NAVER まとめ】
今さら聞けない? ファッション用語まとめ


【Online Select Shop [S.] - Dictionary】
パンツ・スーツ


【YouTube】
「身が引き締まる思い」 小池都政がスタート
<VIDEO 00:02:17> [配信 2016/08/02]


【YouTube】
【中継録画】小池百合子氏が都庁に初登庁 就任会見
<VIDEO 00:49:19> [配信 2016/08/02]
【東京都庁における記者会見。ノーカット。】


【東京都公式ホームページ】
知事の部屋 - ごあいさつ







No.078

2016/08/01/PM23:30
[Article No. 2016 0801 2330]


都知事選、7月30日と、投票日:7月31日の様子。


【YouTube】
【都知事選2016】7.30小池ゆりこ候補、池袋で最後の訴え[桜H28/7/30]
<VIDEO 00:18:07> [配信 2016/07/30]


【YouTube】
<東京都知事選>小池百合子氏が当選確実<決定版>
<VIDEO 00:34:01> [配信 2016/07/31]
【NHKで、7月31日午後8時から放送された特別番組の、放送開始から34分間。小池ゆりこ候補本人は、まさか8時00分に勝利会見があると思っていなかったので、選挙事務所の外で休憩していて、遅れたらしい。】


【ウィキペディア】
2016年東京都知事選挙







No.077

2016/07/31/PM19:30
[Article No. 2016 0731 1930]


小池百合子、当選確実!

小池候補 ... 47.7%
増田候補 ... 27.7%
鳥越候補 ... 19.8%


【YouTube】
【速報・都知事選】出口調査の中間集計結果
<VIDEO 00:00:57> [配信 2016/07/31(今日)]







No.076

2016/07/29/PM17:00
[Article No. 2016 0729 1700]


小池ゆりこ候補の「3つの公約」に関して、『ジャパニーズ・イングリッシュ』では、こういう意味になるはずだ。

解説しておかないと、もし当選した場合、あとから「公約違反」として非難される危険がある。


@ダイバーシティ
... 多様な人材を積極的に活用する企業を増やし、東京都庁でも、多様な人材を積極的に活用する。
【コトバンク】
ダイバーシティ
ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価値観などの多様性を受け入れ、広く人材を活用することで生産性を高めようとするマネジメントについていう。 企業がダイバーシティを重視する背景には、有能な人材の発掘、斬新なアイデアの喚起、社会の多様なニーズへの対応といったねらいがある。


Aセーフ・シティ

... 先進国の中で、現在、日本国は、もっとも遅れていて、韓国などの、他のアジアの発展途上国に追いつかれそうな状況に陥っている。その「遅れ」を取り戻して、昭和時代のように、日本国を、世界最高の経済大国に復活させる。
【ウィキペディア】
セーフ
セーフ(英語:safe)は、広く一般に、安全であること、(ぎりぎりで)間に合うこと、助かることをいう。


Bスマート・シティ
... 東京都に住む人たちからデブを減らして、ほっそりした体型の人間を増やす。つまり、「食べ残し」を減らして、食糧を大切にする。
【カタカナ語の意味】
スマートの意味とは
これは、「物や体が細いさま」「無駄がなく手際が良い」「服装などが洗練されている」「ハイテク(先端技術)である」といった意味になります。


これらの意味である場合、『ダイバーシティ』の『綴り(つづり) [spelling]』 は、『Diversity』であり、『セーフ・シティ』は、『Safe City』であり、『スマート・シティ』は『Smart City』である。

問題なのは、『ダイバー・シティ』の綴りである。


【Japanese Perspective】
MP Yuriko Koike Holds Press Conference at FCCJ


7月8日に、外国人記者たちに説明したときの綴りは、『Diver City』となっていて、この報道を見た日本人たちは、こう言って、ゲラゲラ笑っている。

「小池百合子は、英語をまともに使えない。綴りを間違えている。」

「これじゃあ、『東京湾で潜水する人を増やす』という意味になる。あの女は、バカだな。アッハッハ。」

「『崖から飛び降りた』と言っているから、『崖からダイブするような気持ちで、決死の覚悟で東京都を改革する』という意味じゃないのか?」
【Togetterまとめ】
小池百合子の言ってるダイバー・シティについてかんがえる

この単語の『英会話講座』をしておかないと、2日後の都知事選で、有権者総数:1130万人の中の、「英語検定の点数が高い人と、その知り合い」の票、数十万票を失うことになる。


【朝日新聞】
都知事選、当選ラインは200万票か 各陣営の票読みは
[配信 2016/07/15]


問題なのは、『ダイバー [diver]』の意味だ。今このページで、筆者が説明しただけでは、閲覧者が、どこまで正しいか判断できないので、英和辞書サイトをリンクしながら説明したい。

『Diver』とは、『ダイブ [dive] する人』という意味である。

では、『ダイブ』とは何か?

まず、辞書で確認してみよう。


【Weblio辞書】
dive
(頭を先に水中に)飛び込む、(水中に)もぐる、潜水する、もぐる、もぐり込む、(…に)手を突っ込む、没頭する、打ち込む、急降下する


「水に向かって頭から飛び込む」「水中に潜る(=潜水する)」「どこかに潜り込む」「何かに手を突っ込む」「空から急降下する」・・・・・などの意味がある。

小池ゆりこ候補が言っている意味は、『何かに没頭する』『仕事や作業に打ち込む』という意味である。

ジャパニーズ・イングリッシュでは、『ダイブ』という言葉を、主に「潜水する」という意味で使い、「熱中する」とか「没頭する」という意味では使わない。しかし、ブリティッシュ・イングリッシュでは、そういう意味でも使う。

つまり、小池ゆりこ候補が使っている『ダイバー [diver]』の意味は、『仕事や作業に没頭する人』という意味である。

たとえば、女性の場合、子供を出産すると、「独身の頃に身に付けた仕事の経験を放棄して、会社を退職して、育児に専念するか、それが嫌なら、子供を親戚に預けたり、託児所や保育園に預けながら、仕事を続ける」という、中途半端な生活を強いられるようになる。会社の上司に「育児のため休暇を取りたい」と申し出ると、経営者から退職を勧められる。・・・・・こういう生活になり、何もかもが中途半端になって、「何かに没頭する」ということができない。

障害者もまた、障害を持っていると、経営者が嫌がって雇わない。

そういう社会を改革して、女性も、障害者も、仕事に没頭できるようにしたい、ということだ。

次に、『セーフ』であるが、ジャパニーズ・イングリッシュでは、「ぎりぎりで間に合って助かる」「脱落せずに生き残る」という意味が強いようだが、ブリティッシュ・イングリッシュでは、「危険が無くて安全な状態である」という意味で使う。


【Weblio辞書】
safe
安全な、(危険から免れていて)安全な、危険のない、安全で、耐えることができて、免れて、安全に、無事に、(他に危害を加える心配がなくて)無害な、(監禁などによって)逃亡の心配のない


「危険が無く安全な」「無害な」「誤りが無い」「無難(ぶなん)な」「信頼できる」「当選確実な」「野球におけるルールである『セーフ』」「金庫」。

小池ゆりこ候補が言いたいのは、「災害のときに、救助活動を円滑にできるように、普段から、備えておく」という意味だ。電柱は、災害時に、救助活動の邪魔になるから、なるべく電柱を減らす、とか、そういうことだ。

最後に、『スマート』であるが、ジャパニーズ・イングリッシュでは、「細くて形が整っている」「たくさんの機能が詰め込まれている」という意味が強いが、ブリティッシュ・イングリッシュでは、少し意味が違う。


【Weblio辞書】
smart
活発な、きびきびした、すばやい、(…に)きびきびして、機敏で、頭のよい、賢明な、気のきいた、抜けめのない、油断のならない


「活発な」「賢い」「着こなし上手な」「抜け目の無い」「厳しい」「激しい」「てきぱきと」「うずく」「痛む」・・・・・という意味である。

つまり、小池ゆりこ候補が言いたいのは、「石油に頼らないエネルギーをたくさん利用して、環境に優しい都市にしたい」という意味なのだ。家庭や会社の電灯も、LED電灯にすれば、電力使用量がかなり減る。そういうような知識を都民に紹介して、エネルギーの無駄を減らすというようなことである。

【<余談>『スマートフォン [smartphone]』が、ジャパニーズ・イングリッシュの意味なのか、ブリティッシュ・イングリッシュの意味なのかは不明。】


【ウィキペディア】
スマートフォン


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

筆者は、小池ゆりこ候補の『イメージ・ソング [image song]』を選んだ。


【YouTube】
水戸黄門主題歌 「あゝ人生に涙あり」 初期ver. (歌詞付き)
<VIDEO 00:02:45> [配信 2012/12/31]







No.075

2016/07/27/PM18:30
[Article No. 2016 0727 1830]


神奈川県相模原市の「戦後最大の大量殺人事件(19人死亡、26人重軽傷)」だが、要するに、27年前、三重県四日市市の警察署は、筆者が、ああいう事件を起こす危険があると判断して、精神病院に連行したわけである。

しかし、刑事たちの素早い行動によって、半年間に及ぶ閉鎖病棟での薬物治療が効いて、「そういう事件を起こすような危険が無くなった」ということで、退院して、今まで27年間、そういう事件を起こさずに平穏無事な生活を送っているわけだ。

あくまでも、四日市市の警察は、

「自分たちが入院させたおかげで、凶悪事件の発生を防ぐことができた。」

と、『確信』しているのである。

従って、警察としては、別に「謝罪」とか、そういう問題にはならないわけである。

相模原市の事件の犯人の26歳の男は、今年2月14日、衆議院議長公邸の警備員の警察官に、衆議院議長宛ての手紙を渡してあったが、そこには、こう書いてある。

「障害者は人間としてではなく、動物として生活を過しております。車イスに一生縛られている気の毒な利用者も多く存在し、保護者が絶縁状態にあることも珍しくありません。

私の目標は重複障害者の方が家庭内での生活、及び社会的活動が極めて困難な場合、保護者の同意を得て安楽死できる世界です。」

つまり、犯人の動機は、もうすでに明白であり、

「障害者というのは、生きていても意味が無い存在であり、家族も、親戚も、みんなが迷惑をしているのだから、安楽死させたほうが社会の平和に役立つ。」

こう、思っているということだ。

今回の事件と、犯人の『思想』を聞いて、筆者は、ある一つの疑問を感じた。

知的障害者施設で働いていた経験がある犯人は、「知的障害者は、生きていても意味が無い」と考えている。

・・・・・ということは、「知的障害というのは、医者では治せない病気だ」と思っているということだ。

なぜなら、治せる病気であれば、治るまでは、施設で保護しておけばいいのであり、『安楽死』をする必要はない。

しかし、他の一般市民もそうだが、「知的障害や精神障害は、治らない病気だ」と、信じているのが現実である。

ところが、実に不思議なのだが、日本国の法律では、『精神障害』とか『知的障害』というのは、「治療可能な病気」と定義されているため、『2年ごとの更新』が義務付けられているのである。

つまり、法律的には、「治せる病気」ということになっているのである。だから、『2年ごとの更新』というルールが存在するのである。

もし、「治らない病気」だとか、「だんだん悪化する病気」ということであれば、『2年ごとの更新』というのは、必要がないはずである。

なぜ、『2年ごとの更新』があるのかというと、症状が改善される可能性があるからである。もちろん、「症状が悪化するから」という理由もあるが、しかし、逆に、「症状が軽くなって、等級が下がった」という患者も多いのである。

最近は、『ドーパミン』という医学理論の研究と、精神安定剤の開発によって、知的障害や精神疾患が、改善される例が多いのである。だから、『2年間の更新』というルールがあるのだ。

もし、「悪化するだけ」というのであれば、「悪化した場合だけ、等級の変更を申請する」というルールにすればいいはずだ。また、もし改善された場合も、「症状が軽くなったときだけ、そのときに、医師の診断書を提出して、等級の変更を申請する」というルールでいいはずである。

ところが実際は、『2年ごとの更新』が義務付けられている。それはつまり、

「2年以内に急速に症状が改善される症例が多い。」

ということである。でなければ「4年間」とか「5年間」でもいいはずだ。

ところが、むちゃくちゃくに不思議なのは、たとえば、障害者が、障害認定を受けて、次の更新までの間に、アルバイトをして、収入を得た場合、『2年間』の途中でも、突然、等級が下がったりするのである。

最初の『認定』は、申請してから、半年くらいかかるのだが、『等級の変更』は、労働収入があった途端に、突如、行なわれるのである。

精神障害者の場合、『労働不能』ということが、『認定の条件』に成っているから、アルバイトなどをして『労働収入』があった時点で、もうその翌月には、等級が変更されるのである。つまり、労働収入があると、その金額分、障害年金の金額を減らしてくるのである。この『判定』に関して、主治医は介入しない。市役所のほうで、常に障害者の収入を監視しているので、税務署などからの報告で、労働収入があったことが判明したら、いきなり等級を変更してくるのである。

こうやって、『年金制度における無駄使い』を無くそうと努力しているわけであるが、公務員は、このように、

「薬物の進歩により、知的障害や、精神障害は、症状を改善できる病気である。」

こう、確信しているのである。だから、症状が軽くなったら、すぐに等級を変更して、障害年金の金額を変えてくるのである。

ところが、この犯人の『認識』は、こういった公務員たちの『認識』とは、まったくかけ離れている。

しかも、一般市民も、どちらかというと、

「知的障害や、精神障害は、『不治の病(ふじのやまい)』である。」

こう、信じている人間は多い。

もちろん、この認識から、

「・・・・・だから、知的障害者や精神障害者に、生きている価値は無い。」

こういう考え方に発展する人間は少ないが、しかし、筆者自身、若い頃から、

「会社で働けないんだたら、死ね。」

と、周囲の人間たちから、脅されていた。だから、犯人のような考え方を持つ人間は、案外、多いのである。

つまり、そういう考え方をする人たちに対して、筆者が不思議に思うことは、

「医者が治せるまでは、税金で保護して、治るのを待てばいいではないか?」

という疑問なのだ。「知的障害者や精神障害者は、生きている権利が無い」という考え方を持つ・・・・・ということは、それは、「医者は治せない」ということを意味するはずである。

医者が治せる病気であれば、「生きている価値が無い」と考えるのは、不自然である。そして、実際、法律では、『2年ごとの更新』というルールがある。これは、どちらかというと、「症状が重くなったときに、年金や手当を増やすため」というよりも、逆であって、

「症状が軽くなったときに、速やかに、年金や手当の金額を下げて、『障害者に対する無駄使い』を無くすため。」

こっちが目的なのである。

ところが、一般市民のほうは、「不治の病だ」と信じている人間が多い。だから、「知的障害者や精神障害者は、生きている価値が無い」という、過激な『思想』に結び付く。

もし、「医者が治せる病気」であるならば、「治るまで税金で保護する」ということをしても、誰も文句は言わないだろう? たとえば、仕事中の怪我(けが)や病気で、失業した場合、失業手当が給付されるが、それに関して、文句を言う人間はいない。

「治らない病気の場合は、生きている価値が無い」・・・・・という考え方は、つまり、それは、「医者が治すことができない」と思っているから、そういう考え方が起こるのである。医者が治せる病気であれば、治るまで税金で助けても、誰も「生きている価値が無いから死ね」とは要求しないはずだ。

だから、その、『2年ごとの更新』というのが、いったい何なのか、よく分からない。

私自身、過去に一度、市役所のほうから、

「病院のほうから、症状が軽くなったので、労働可能です・・・・・という報告があったので、ハローワークで仕事を探しに行ってください。」

と、督促(とくそく)された経験がある。結局、主治医に「労働不能」という診断書を書いてもらって誤解が解けたのだが、市役所の公務員たちは、「治る病気だ」と思っているわけである。

医者が治せる病気なら、「生きている価値がない」という思想が生まれるのは不自然であろう。

いったい、日本国の法律は、どっちを基準に考えているんだ? 「治る病気」なのか、「不治の病」なのか?

もう一つだけ言いたいことは、知的障害者の家族や親戚は、労働収入から税金を払っている、ということだ。どうして、税金で知的障害者を助けることが『税金の無駄使い』になるのだ?

それと、「今は障害者だが、障害者になる前は、労働収入から税金を払っていた」という人も多いはずである。

それにしても、キリストはまだ見つからないのか?


【 ニュース速報Japan】
植松容疑者の衆議院議長公邸宛て手紙の全文 障害者抹殺作戦を犯行予告


【療育手帳がやってきた!】
療育手帳の障害の判定基準・等級って?


【ウィキペディア】
ドーパミン









Web Creator:
"SOLOMON"
Symbol of Taoism: "TAIJI"
(Model ... Twin Otters)
Taipei Zoo's Twin Otters
YouTube: Taipei Zoo "Otters' Human Mom"







home.lil69ili.com "MYSTERY CHANNEL" ... SINCE 2016/01/04


2016/07/13/PM22:30 [Picture No. 2016 0713 2230]
小池百合子
Yuriko Koike
<注意>小池百合子先生から頼まれた訳ではありません。
Expansion Picture(拡大画像)
【小池ゆりこ・オフィシャルサイト】
プロフィール
【ウィキペディア】
小池百合子
【ウィキペディア】
井ケイの戦い
(背水の陣)
【YouTube】
衆議院議員 小池百合子
<VIDEO 00:01:01:45>
[配信 2016/07/08(5日前)]