home.lil69ili.com "MYSTERY CHANNEL"

BACKNUMBER No.031 - No.035




No.035

2016/04/10/AM01:00
[Article No. 2016 0410 0100]


自分の動画サイトの『MISIA "AITAKUTE IMA"』を見ていて、アイデアを思い付いた。

ナイトクラブ用のアイデアだ。

このサイトの関係者が対応できるジャンルは、『宇宙人』から『ナイトクラブ』まで、かなり広い。

普通、店では、1ヶ月単位で、『ホステスの売上ランク』を計算して、店に、顔写真と、ランキングを表示していると思うが、それと似ているアイデアだ。

客のほうの『出費ランク』を計算するのである。もちろん、店に<成績>を貼り出すことはない。貼ってもいいかも知れないが、そのあたりは、経営者が決めろ。筆者が思い付いたアイデアは、それではない。

1ヶ月単位で、『出費ナンバーワンの顧客』に対して、1日、特別サービスを提供する。その日は、『出費ナンバーワン』の顧客:『ナンバーワン・ゲスト』に対しては、『無料』にするわけだ。そして、他の客は、店に入れないのである。

つまり、その店のホステス全員が、その『ナンバーワン・ゲスト』一人だけを、相手をするのである。

顧客が「一人」で、ホステスが、「その店のホステス全員」である。

「無料」にすると、店が損をするかも知れないが、それまでの1ヶ月間、客がその『ナンバーワン・ゲスト』を狙って、争うから、売り上げが倍増するので、1日無料にしても、全体的には、損をしないと思う。その日は、「ママの奢(おご)り」ってわけだ。

なお、『水商売』にも『仁義』はある。いろいろな意味で、イカサマ厳禁。

それと、このアイデアを採用して、大損害を被(こうむ)っても、いかなる責任も持てません。経営者の『自己責任』でお願いします。


【毎日新聞】
北新地クイーン:結菜さんに決定 /大阪
[配信 2015/12/01]
※結菜さんの動画が見つからない。


【YouTube】
北新地クイーンの踊り
<VIDEO 00:01:41> [配信 2015/12/21]
※踊子の名前は不明。


【l1q9b6z2.com】
DREAM SINGERS: HIKKI VS MISIA - MISIA "AITAKUTE IMA (W640p x H360p)"
<VIDEO 00:04:26> [配信 2016/02/24]







No.034

2016/04/08/PM20:00
[Article No. 2016 0408 20:00]


『宇宙人 [spaceman][alien][extraterrestrial (E.T.)]』に関して、彼らが最近、遠慮せずに、『超低空飛行』をするようになってきた。

宇宙人たちは、たぶん、まだ、『着陸』はしない。地球人の心理的な状態は、常に観察しているはずだ。まだ、パニックになる人間は多いので、『着陸』は控えると思う。

『超低空飛行』の目的は、明らかに、「地球人に円盤の形を見せる」ということだ。しかし、まだ『着陸』はしないはずだ。地球側が、どこかに、着陸できる施設を用意すれば、そこに来ると思うが、このサイトの関係者が指揮している状態でなければ、着陸はしないだろう。

この問題は、まさに、俺<たち>の出番である。

国際連合事務総長とか、アメリカ合衆国大統領などが、その『会見』に関して、参加している状態でなければ、着陸はしないはずだ。

我がライバルである『日本国のテレビ局』は、たぶん、

「アメリカが参加しなくても、日本の総理大臣と、天皇陛下が参加すれば、着陸するはずだ。」

と言うと思うが、このサイトの関係者を名乗る人物が、国際連合に「自分に任せろ」と言ってきた場合、指示に従ってくれ。

たぶん、会見場として「日本国」を選ぶと思うが、そのあたりは、その担当者に任せる。なにせ、着陸したら、

「地球で最初に宇宙人と会見した場所。」

として、永遠に歴史に刻まれる。そこは、『U.N.E.S.C.O.世界遺産』に指定するしかない。そして、海外から、たくさんの旅行者が見に来るであろう。経済効果は抜群である。博覧会のレベルではない。

この『ビッグ・チャンス』を、我がライバルが見逃すはずがない。必ず日本国の宣伝に利用するはずである。

日本人の中には、

「全世界の文明は、日本列島から始まった。」

と、信じている者が、かなり多い。日本人が、「任せてくれ」と、名乗り出た場合は、指示に従ってくれ。

たぶん、日本国のテレビ局が、日本全国の『UFO研究家』を総動員して、この『歴史的イベント』を主宰するはずだ。

確かに、「全世界の文明の発祥地」であるならば、宇宙人側も、『会見場』として認めるはずである。

映画『未知との遭遇(1977年)』【英語タイトル『CLOSE ENCOUNTERS OF THE THIRD KIND』。】の監督である、『巨匠:スティーヴン・スピルバーグ [Great Master: Steven Spielberg]』【ユダヤ教徒。】が参加すれば、間違いなく、この『作戦』は成功するであろう。

スピルバーグ大先生に参加してもらうなら、今年70歳なので、急いだほうがいい。

筆者自身が指揮する前に、先に、ライバルにやっていただくことによって、あとから筆者が指揮した場合、どう違うか、比べることができる・・・・・という意味もある。我々は、こうやって、全世界に『手本』を示しているのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近、世界中で、「宇宙人の存在を信じる信者たちが集まって円盤を呼ぶ」という『集会』をやっているようだが、病人も参加させろ。神父も立ち会って祈れば、もしかすると、治してくれるかも知れない。もし本当に奇跡が起きたら、宇宙人が、「その神父は正しい」と、認めている、ということだ。(治らない場合は「正しいと認めていない」ということになる・・・・・という意味ではない。)

しかし、宇宙人も、円盤から降りたときに、地球の戦闘機からミサイル攻撃を受ければ死ぬので、まだ、警戒しているわけであり、『着陸』はしないはずだ。

昔から、ときどき、着陸をしていたのは、あれは、円盤が故障したときだけである。つまり、『不時着(ふじちゃく) [emergency landing] [crash landing]』である。まだ、コンタクト目的では、着陸はしないはずだ。

下のYouTubeの映像は、合成かも知れないが、たぶん、本物だろう。そのあたりは、報道機関が取材すればいい。

先月には、南極大陸にも出現したらしい。



YouTube - 3 VIDEO <TOTAL 00:06:37>



【YouTube】★NEW UFO SIGHTING IN ANTARCTICA ! March 2016
<VIDEO 00:03:13> [配信 2016/04/05(3日前)]





【YouTube】★Breaking News Clear UFO Footage Farm House 4-4-2016
<VIDEO 00:01:05> [配信 2016/04/04(4日前)]





【YouTube】★Close Encounters of the Third Kind - Tones
<VIDEO 00:02:19> [配信 2014/03/31]




エンブレムのデザイン募集中
HEAD






No.033

2016/04/07/PM16:00
[Article No. 2016 0407 1600]


日本国では、今月から、『電力自由化』が始まった。

最初、筆者は、「電力会社の中で、『電気使い放題』のサービスが始まる」という意味かと思ったが、「電力会社を自由に選ぶことができる」という意味だった。

この問題に関して、三重県民に、言いたいことがある。

もちろん、「個人的な意見」である。

2000年に、中部電力は、三重県:度会郡(わたらいぐん)で計画していた『芦浜(あしはま)原子力発電所』の建設を、断念した。

私は、「金儲け」よりも「人命」を優先した、中電(ちゅうでん)に対して、人間として、裏切ることはできない。これは、「サービスがどうこう」という問題ではない。儒教で説くところの、『仁義(じんぎ)』の問題である。 【<解説>『仁義』とは、現在の日本国では、『ヤクザ同士の初対面の挨拶』という意味で使われているが、もともとは、儒教の教えであり、『人間同士の道徳や礼儀』を意味した。】

この筆者の『意見』は、芦浜原発建設問題で、「推進派」だった人々に対して、何か言いたいわけではない。しかし、その当時、推進派だった人たちは、「原発で作った電気は三重県で使うわけではない」ということを、知っていただろうか? 使うのは、東京とか大阪である。東京や大阪では、事故が起こったとき、人的被害が大きいから、原発は、『僻地(へきち)』で建設するのである。その代わり、その僻地は、原発のおかげで、地域活性化が実現するわけだ。


【ウィキペディア】★芦浜原子力発電所


【価格.com】★わかりやすい!電力自由化|電気料金比較







No.032

2016/04/06/PM16:00
[2016 0406 1600]

日本国の若手芸能人たちから『芸能界の巨匠(きょしょう) [great master]【和英辞書による翻訳】』として崇拝されている、映画監督:北野武(きたの・たけし)先生の、若い頃の漫才が、YouTubeで公開されている。

『北野たけし=ビートたけし』と、『ビートきよし』のコンビ:『ツービート』の漫才は、『ブラックジョーク漫才』であり、今では『伝説の漫才』と呼ばれている。

みなさん、クリックする前に、抱腹絶倒(ほうふくぜっとう)の準備をしておいてくれ。くれぐれも、飲み物を飲みながら見ないように。飲料や体液をキーボードやマウスに掛けると、壊れる場合がある。

抱腹絶倒、用意!


【YouTube】★【伝説の漫才】ツービート ビートたけし・ビートきよし 伝説の漫才・コント 2本立て
<VIDEO 00:12:10> [配信 2014/08/16]







No.031

2016/04/05/PM19:00
[2016 0405 1900]


宇宙探査機のことなんだが、2機を、同時に飛ばすといい。

そうすれば、飛行中、お互いを撮影できる。故障したときも、並行して飛んでいる1機から撮影できる。

ただし、あまりにも接近し過ぎると、衝突する可能性はある。

このアイデアは、映画『アルマゲドン』(1998年)を見た人なら、誰でも思い付くので、筆者のほうからNASAに対して何かを請求するつもりは無い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このサイト内の3月30日の話に関しては、桜島の火山活動が活発になっているので、それを感じ取ったようだ。桜島の火山活動は、去年から活発になっていたらしいので、テレビ・ニュースでは、「日常の範囲内の火山活動」ということで、大騒ぎするような報道は控えているようだ。

日本国の学者たちは、「そのうち収まっていく」と言っているのだろうか?

さあ、どうでしょうかねえ?








ADMIN MEMO


NEW PAGE <BACKNUMBER No.031 - No.035> 2016.04.12.0710-0720 ||| 04.12. 0830 UP |||