home.lil69ili.com "MYSTERY CHANNEL"

BACKNUMBER No.106 - No.110




No.110

2017/01/27/PM21:00
[Article No. 2017 0127 2100]


台湾は、これから、花見の季節です。


【フォーカス台湾】
15万本以上の桜、次々と開花 3月末まで各種イベント 台湾・新北市
[公開 2017/01/26(昨日)]


【コトバンク】
機先を制する(キセンヲセイスル)







No.109

2017/01/21/PM19:30
[Article No. 2017 0121 1930]


日本国内において、大卒者たちがテレビ局を尊敬する態度というのは、外国では想像できないほどの信頼関係がある。これは、表現が難しい。「尊敬」というよりも、「崇拝」に近い感情だ。

とにかく、絶対的に信頼されている。テレビ局が何かを決めた場合、逆らう大卒者は、全国的に、ほとんどいないくらいだ。

大卒者以外のテレビ視聴者もまた、テレビ局に対する信頼は、かなり、すごいものがある。

日本国内では、「テレビ出演したことがない人物」というのは、どれだけの才能を持っていても、人々から、あまり尊敬されない。

だから、今この状況は、『ウェブサイトの管理人』と説明している人物である筆者と、日本国のテレビ局 【<注意>「日本テレビ」という意味ではなく、「日本テレビ」を含めた、日本国全体の地上デジタル波のテレビ局全体、という意味。】 とが、噛{か}み合わない状況であるが、この場合、他の会社だと、会社側が、テレビ局に謝罪をして、担当者を変更する。

しかし、当方では、それは、考えていない。

日本国では、数日前に、「過去最大級の寒波」に襲われたが、そのわりには、ニュースを見ていると、

「日本国は、雪に強いので、被害はたいしたことはなかった。死傷者も、全国で、数人程度である。」

こういう感じを受ける。雪に関するニュースも、報道番組の中で、少し扱う程度であり、特別報道番組を編成するほどでもない。

しかし、日本に住んでいると、どうも、何か、おかしい感じがする。テレビ局や新聞社などの報道機関が、観光業界に気を使って、意図的に、被害状況に関して『報道管制』を敷{し}いている可能性がある。

では、もし、そうである場合、

「実際の被害はどの程度か?」

これが問題になるが、確認する手段がない。なぜなら、実際の被害状況を、取材してまとめている組織が存在しないからだ。

もし、それらのテレビ局や新聞社が、もうすでに、取材をして、被害状況をまとめているのであれば、「なぜ報道しないのか?」という疑問が出てくる。つまり、それは、『報道機関』とは、違うわけだ。

「被害状況を取材して、情報をまとめてあるが、報道はしない」・・・・・という場合、それは、『報道機関』とは呼ばない。表現方法を探すと、「情報を収集してまとめる会社」であるから、『調査会社』とか、そういう業種の会社に相当するはずだ。しかし、『調査会社』というのは、インターネット業界やスマホ業界の契約者数を調べたりする会社であり、「災害の被害状況を収集する民間企業」というのがあるのかどうか不明だ。

ところが、日本国の場合、報道機関が、「被害状況をまとめているが、報道は控えている」・・・・・という場合が多い。

だから、日本国において、『報道機関』というのは、何をする人たちなのか、サッパリ理解できないわけである。

『医療機関』というのも、まだ今でも、どういう人たちなのか、サッパリ理解できないし、『保険会社』とか『保証会社』とかも、まったく理解できない。

『著作権侵害』の意味もよく分らないし、インターネットにおける『シェア』の意味も、よく分らない。というのは、YouTubeで公開されているビデオを、他のユーザーが作成して公開すると、「著作権侵害」という理由で、SNS運営者側によって強制的に削除される場合があるからだ。

それと、もう一つ、当方側の態度を表明しておく。

もし、日本国の誰かが、

「ある地域が、大雪で大きな被害を受けているので、助けてもらえませんか?」

と、筆者=管理人に、相談してきたと仮定しよう。その場合、こっちは、どう返答していいのか、分らない。

どうしてかというと、『ニュース』の中では、「日本国は雪に強いので、被害はほとんど無い」・・・・・というように、報道されている。その状況の中で、このサイトの関係者が、その地域を助けたとしても、全国ニュースの中では、「もともと日本国は雪に強いのであるから、その中で、ごく一部の日本人被災者を助けただけ」・・・・・という評価しか受けないわけである。

それなら、他の団体とか、あるいは、自衛隊に頼めばいいのであり、わざわざ、このサイトの関係者が、命を賭けて、被災地を助ける理由がない。つまり、「実際に行なった救助活動の成果の大きさ」と、「報道における評価の大きさ」が、合わない状態が発生する。それは、当方にとって、何の意味もない『人助け』である。

確かに、『神さま』は、すべてを御覧になられているであろうから、日本国のキリスト教が説くように、

「見返りを求めて、他人が見ている状況だけ、人助けをするのではなく、他人が見ていない状況の中でこそ、人助けをするべきです。

なぜなら、他人が見ている状況で人助けをした場合、その人は、もうその場で、『この世における報酬』を、もらっているわけですから、それ以上の『神さまからの報酬』は、ありません。

他人が見ていない状況で人助けをした場合は、『この世における報酬』は受けられませんが、『神さま』が見ていますから、死後、天国で、神さまから、『報酬』を受けることができます。」

これは、超有名な『山上の垂訓{さんじょうのすいくん}』の場面の一部である。参考のために、紹介しておく。




新約聖書
「マタイによる福音書」
第6章 [第1-4節]

「見てもらおうとして、人の前で善行{ぜんこう}をしないように注意しなさい。

さもないと、あなたがたの天の父のもとで報い{むくい}をいただけないことになる。

だから、あなたは施し{ほどこし}をするときには、偽善者たちが人からほめられようと会堂や街角でするように、自分の前でラッパを吹き鳴らしてはならない。

はっきりあなたがたに言っておく。

彼らは既に報いを受けている。施しをするときは、右の手のすることを左の手に知らせてはならない。

あなたの施しを人目につかせないためである。

そうすれば、隠れたことを見ておられる父が、あなたに報いてくださる。」




こういう『説得』の仕方もあり得るだろうが、こっちに言わせれば、

「当方にとって重要なことは、『死後の神さまからの報酬』ではなく、『生前のこの世における報酬』であり、当方の『仕事量』に比{ひ}して、相手側からの『報酬額』が、明らかに少ない場合、お断りさせていただきます。」

これしか、返答のしようがない。


【ウィキペディア】
山上の垂訓







No.108

2017/01/13/PM16:00
[Article No. 2017 0113 1600]


今日は、『13日の金曜日』だが、このサイトの管理人から、全世界の聖書出版社へ、訂正の要求がある。






[訂正]
新約聖書「マタイによる福音書」第24章14節


[誤]
そして、御国のこの福音は、あらゆる民への証しとして、全世界に宣べ伝えられる。それから、(人類の歴史の)終わりが来る。」

And this Good News about the Kingdom will be preached through all the world for a witness to all people; and then the end (of the mankind history) will come.


[正]
そして、マオリ王国のハカ・ダンスは、あらゆる民への証しとして、全世界に宣べ伝えられる。それから、(猛獣を恐れる時代の)終わりが来る。」

And Haka Dance about the Maori Kingdom will be preached through all the world for a witness to all people; and then the end (of the age that afraid savage beast) will come.





訂正の見本(日本語版)。




新約聖書
「マタイによる福音書」
第24章 [第1-14節]

イエスが神殿の境内を出て行かれると、弟子たちが近寄って来て、イエスに神殿の建物を指さした。 そこで、イエスは言われた。

「これらすべての物を見ないのか。はっきり言っておく。一つの石もここで崩されずに他の石の上に残ることはない。」

イエスがオリーブ山で座っておられると、弟子たちがやって来て、ひそかに言った。

「おっしゃってください。そのことはいつ起こるのですか。また、あなたが来られて世の終わるときには、どんな徴(しるし)があるのですか。」

イエスはお答えになった。

「人に惑わされないように気をつけなさい。わたしの名を名乗る者が大勢現れ、『わたしがメシアだ』と言って、多くの人を惑わすだろう。

戦争の騒ぎや戦争のうわさを聞くだろうが、慌てないように気をつけなさい。

そういうことは起こるに決まっているが、まだ世の終わりではない。

民は民に、国は国に敵対して立ち上がり、方々に飢饉や地震が起こる。

しかし、これらはすべて産みの苦しみの始まりである。

そのとき、あなたがたは苦しみを受け、殺される。

また、わたしの名のために、あなたがたはあらゆる民に憎まれる。

そのとき、多くの人がつまずき、互いに裏切り、憎み合うようになる。

偽預言者も大勢現れ、多くの人を惑わす。不法がはびこるので、多くの人の愛が冷える。

しかし、最後まで耐え忍ぶ者は救われる。

そして、マオリ王国のハカ・ダンスは、あらゆる民への証しとして、全世界に宣べ伝えられる。

それから、(猛獣を恐れる時代の)終わりが来る。」









No.107

2017/01/12/PM20:30
[Article No. 2017 0112 2030]


視力表(=視力検査表) [Eye Chart]。

超先進文明国家:アメリカ合衆国では、「アルファベット文字を使った視力表」である『スネレン・チャート [Snellen Chart]』、あるいは、「Eだけを使った視力表」である『Eチャート [E Chart]』を使う。

ヤマト部族国家:日本国では、「Cだけを使った視力表」を使う。正式名称は、『国際標準ランドルト氏環』と呼ぶらしい。









【ウィキペディア】
視力







No.106

2017/01/09/PM18:30
[Article No. 2017 0109 1830]


昨年{さくねん}:2016年は、日本国の『ヤマト部族 [Yamato Tribe]』のローカル宗教:『シントー [Shinto]』を紹介して、まったく、サッパリ、ウケなかったんだが、今年{ことし}は、全世界の原住民のローカル宗教を研究しながらインターネットで紹介しようと思っている。

今日は、ニュージーランド国の原住民:『マオリ部族 [Maori Tribe]』を紹介したい。

まだ、筆者自身、ほとんど何も知らない状態だが、この踊り:『ハカ [Haka]』は、もうすでに、ラグビー・チームによって有名だ。

しかし、「原住民の戦いの踊り」だということを、知らない人もいるかも知れない。

筆者も、起源となるエピソードとか、宗教的な意味は、まったく知らない。「こういう感じで踊る」ということだけ、知っているだけである。

このあたりのビデオが、分りやすいだろう。

なお、『世界宗教』に関しては、今年は、『仏教』を詳しく紹介する必要があると考えている。『諸行無常{しょぎょうむじょう}』とか、いったい何なのか、気になっている人も多いだろう。


【YouTube】
blackcorssario
Haka MaoriTV
<VIDEO 00:03:29> [公開 2014/12/08]


【YouTube】
World Rugby
The Greatest haka EVER?
<VIDEO 00:02:23> [公開 2015/06/18]








ADMIN MEMO


RENEW <BACKNUMBER No.106 - No.110> 2017.02.10.1110-1120 ||| 02.10.1500 UP |||