lil69ili.com - THESIS 010

「神話の解読法」
< Shinwa No Kaidokuhou >

"Decoding Method Of Myth"





日本語が読めない人は、『全自動翻訳機』をお使いください。
If you cannot read Japanese-Language, please use "Full Automatic Translation Machine."

英語が読めない人は、お近くの『大卒者』に聞いてください。
If you cannot read English-Language, please ask to your near place's "College Graduated Person."



<助言> ページが長いので、「ページ内のリンクの無い場所」をマウスでクリックしてから、キーボードの『方向キー』でスライドさせると便利です。




UPLOAD 2016/03/08





『ギリシャ神話』とか『ローマ神話』というのは、世界的にも有名だが、日本国には、『日本神話』という、独特の神話が存在する。その神話の中で、「天皇は、アマテラスの子孫である」と、語られているわけである。

その中に、『国産み(国生み)』という物語がある。『ウィキペディア』にも載っている。


【ウィキペディア』★国産み


だいたい、こういう話だ。

「男神(だんしん):『イザナギ』と、女神(めがみ):『イザナミ』が、巨大な『矛(ほこ) [halberd]』で、海をかき混ぜて、引き抜いたら、滴(しずく)が、『オノゴロ』という島になった。二人は、その『オノゴロ島(じま)』に降りて、男性の<余分な物>を、女性の<不足している部分>に付き刺したら、たくさんの島が産まれた。それが、『日本列島』である。

はっきり言って、『セックス』が行なわれたわけだ。

科学が発展した時代である、現代の日本人が、この『国産み神話』を聞くと、ゲラゲラ笑うわけだ。

「巨大な矛で、海をかき混ぜたら、島ができて、そこで男神と女神がセックスしたら、日本列島が誕生した? アハハハハハハハハハハ・・・・・・腹が痛い!」

いったい、これは、何なのか? 何を説明しようとしているのか?

筆者も、35年前は、仏教や、キリスト教の『意味不明の物語』を読んで、訳が分からなかった。しかし、だんだん、分かってきた。今では、全世界に存在する『神話』に対して、こう、考えている。

「神話というのは、すべて、何らかの科学的な現象を、説明したものなのだ。」

『神話』というのは、大昔の、『書籍』が存在しない時代では、『物語を丸暗記する職業』の人が、弟子に伝えて、語られてきたものである。日本国では、その職業を『語り部(かたりべ)』と呼んだ。大昔の、その職業の人たちの記憶力は、現代人では想像できないほどの量と、正確さを持っていた。

多少は、弟子に伝わるときに、ズレは生じる。それでも、かなり、正確に伝わっていたのである。

『書籍』が誕生したあとは、『転写(てんしゃ) [transcription]』という方法で、伝わってきた。そのときにも、「似たような単語」に間違えて転写する場合もある。しかし、そのあたりは、大昔の記録係たちも、非常に神経質になっていて、『誤字』は、ほとんど無いといってもいい。

つまり、こういうことだ。この『神話解読方法』は、知っている人は知っている。筆者の独創というほどの話ではない。しかし、学者でさえ、知らない人は多い。インターネットで紹介しておけば、全世界の大学生たちが興味を持つようになり、『神話の解読』に挑戦する若者がたくさん現れるであろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この『たとえ話』は、筆者が考えたのだが、『神話解読方法』というのは、たとえば、こういうことだ。

『未開の原住民の村』に、『ヘリコプター』で、降りたとしよう。もし、原住民たちが、初めて見た場合、かなり驚くであろう。空から飛行物体が降りて来て、その『乗り物』から、人間が出てくるわけだ。

そのときに、原住民が、パイロットに、こう、質問する。当然、間に、『通訳者』がはいる。

「この乗り物は、どうやって、空を飛んでいるんだ?」

パイロットは、こう、答える。

「メインローターを高速で回転させることによって、『揚力 [lifting power]』を発生させているんだ。」

ところが、通訳者が、通訳できない。原住民の言語には、「メインローター」とか、「揚力」という、言葉が存在しない。

そこで、パイロットは、説明の方法を考え直す。原住民が、日常生活で使用している物体で、表現するしか、方法がない。そこで、こういう『説明の仕方』に変更する。

「あれは、『空飛ぶボート』という乗り物で、上の部分に『大きな鳥の羽根』が、4枚付いていて、それを回転させると、神さまへの『合図(あいず) [signal]』になり、空にいる神さまが、『不思議な力』で、『空飛ぶボート』を、引っ張り上げてくれるんだ。」

これなら、通訳者も翻訳できるし、原住民たちも、

「なるほど・・・・・。」

と、納得する。

そして、この『説明』は、『嘘』ではない。完璧には説明し切れていないが、しかし、『本質』は、合っている。科学の存在しない原住民の村では、こういう説明の仕方をするしか、他に方法が無い。

・・・・・これが、『神話』なのだ。

全世界で、一部の研究家だけが信じているが、こういう解読の仕方をするのである。「何かの難しい科学的な説明が成されている」と考えるのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本神話の『国産み物語』も、何かの科学的な説明をしているのである。

ここからの説明は、完璧に、筆者の独創である。これは、今年の今月になってから、思い付いた仮説だ。

【例によって、インターネットで公表したあと、日本人の誰かが、「このアイデアは、以前に、自分が思い付いていた」と主張し始めるかも知れないが、少なくとも、筆者自身は、誰かのアイデアを参考にしたわけではない。】

まず、ポイントになる部分を並べる。

@ 巨大な矛で、海をかき混ぜて引き抜いたら、滴が島になる。

A 島で、男性の<余分な物>を、女性の<不足している部分>に、突き刺すと、日本列島が誕生する。

全世界の大学生は、何を説明しようとしているか、分かるだろうか?

筆者の神道研究において、この種類の『解読』は、今後も続くだろうが、『無料サービス』としては、今回の、この『国産み物語』だけしか、公表しない。

この物語を読んで、頭の中で、どうやって、次に書く『結論』に、持っていくのか、読者は、その方法も気になるだろうが、それも(無料では)公表しない。

結論は、

「『小惑星 [asteroid]』の衝突。」

である。地球に、小惑星が衝突したことを表現しているのだ。

『矛』というのは、『彗星 [comet]』に形が似ている。原始人に『彗星』と言っても、何のことか理解できないが、『巨大な矛』と表現すれば、頭の中で、イメージができる。

つまり、小惑星:『オノゴロ』が、彗星のように、地球に接近して、『突き刺さった』のである。日本列島は、そのときの『オノゴロ』の岩盤が、地球の上に乗ってできた『島』なのだ。

日本神話における説明によると、

「日本列島は、地球に小惑星:『オノゴロ』が衝突して、その岩盤が、地表に盛り上がった状態で貼り付いて、地球の大陸と混ざり合って誕生した、特殊な島である。」

こう言っているのである。

筆者も、こんな『仮説』は、聞いたことが無い。以前に、日本人の学者が、こういう論文を発表した・・・・・という話は知らない。

あくまでも、「日本神話では、そう説明している」・・・・・という意味であり、もし、全世界のどこかの学者が、日本列島を調査して、証拠を見つけて、論文を発表したら、これは、大騒ぎになるだろう。


【ウィキペディア』★彗星


【ウィキペディア』★小惑星


【ウィキペディア』★




----- 終 -----






ADMIN MEMO


NEW PAGE <THESIS 010> 2016.03.07.2200 - 03.08.0000 ||| 03.08.0000 UP |||