lil69ili.com - THESIS 031

「PCビデオ・スポンサー」
< PC Bideo Suponsaa >

" PC Video Sponsor "





日本語が読めない人は、『全自動翻訳機』をお使いください。
If you cannot read Japanese-Language, please use "Full Automatic Translation Machine."

英語が読めない人は、お近くの『大卒者』に聞いてください。
If you cannot read English-Language, please ask to your near place's "College Graduated Person."



<助言> ページが長いので、「ページ内のリンクの無い場所」をマウスでクリックしてから、キーボードの『方向キー』でスライドさせると便利です。




UPLOAD 2017/03/26





今の時代、若者は、テレビを見ている暇がない。テレビを見ているのは、主{おも}に老人だ。テレビの視聴率は、人気番組以外は、5%〜10%だが、実数で説明すると、「1千万人前後」である。

日本国の総人口は、1億2700万人。65歳以上の高齢者の人口は、3400万人。これを、比率で説明すると、(34,000,000÷127,000,000=0.2677→)『27%』である。

テレビの視聴者というのは、実は、この『27%』の人たちが多いわけだ。

高齢者が、自宅ではパソコンを使い、外出中はスマホを使っているなら、話は別だが、実際は、自宅ではテレビを見て、固定電話を使い、新聞を読んで、外出中は、通信機器を持っていない。つまり、『テレビの視聴者』というのは、イコール、『高齢者』を意味しているわけである。

もし、筆者(=このサイトの管理人)が、三重県四日市市で、この話をテレビ局関係者にしても、信じないかも知れないので、根拠となるデータを載せているウェブページをリンクしておく。


【内閣府】 www.cao.go.jp
平成28年版高齢社会白書(概要版) / 第1章・第1節 高齢化の状況


【Video Research Ltd.】 www.videor.co.jp
週間高世帯視聴率番組10
【数値は毎週変動】


『高視聴率番組』が、『10〜15%』ということは、他の番組は、『5〜10%』ということだ。興味深いのは、『音楽番組』である。1位が『10.8%』で、10位が『4.5%』であり、他のジャンルと比べて、5%くらい少ない。これも、「若者はテレビを見ていない」という分析の根拠になるはずだ。老人が喜ぶような歌手や演奏家を出演させれば、数値が上がるはずである。『J−POP』よりも、『三味線』とか『太鼓』の演奏に変えたほうがいいだろう。

そもそも、『テレビ視聴率』というのは、『世論調査』よりも、かなりいい加減な数値であり、誤差は、かなり大きい。世論調査でも、誤差は、3%前後出るのだが、テレビ視聴率は、それよりも誤差が大きい。

これらのデータから、現在の日本国における『通信機器とメディア』に関する状況を簡潔に説明すると、こう、まとめることができるような状況であることが分る。

「青年と壮年と中年は、スマホとパソコン、高齢者は、テレビと固定電話と新聞紙。」

国語辞典的な解釈によると、「15歳前後〜30歳前後」を『青年』と呼び、「30歳前後〜45歳前後」を『壮年』、「45歳前後〜60歳前後」を『中年』、「65歳以上」を『老年』『高齢者』と呼ぶ。要するに、だいたいの話、「20歳代」が『青年』、「30歳代・40歳代」が『壮年』、「50歳代」が『中年』、「60歳代以上」が『老年』、「65歳以上」が『高齢者』という感じだろう。【辞書によって、当てはめる年齢が微妙に違う。】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近、YouTubeのビデオの画質も向上してきた。一人でPCビデオを視聴する場合、画面の大きさが、20インチもある必要性はない。「10〜12インチ」でも充分な大きさだ。

すると、この状況は、テレビ局にとって、ビジネス・チャンスであるはずなのだ。テレビ局は、まだ、気が付いていない。

実際は、テレビ受信機でテレビ番組を見ている視聴者は、『高齢者』であり、『青年・壮年・中年』は、「パソコン」を見ている。インターネット・ビデオの画質が向上してきたから、この現象は、今後も増加する。

ならば、『テレビ番組』を、『YouTube』で、視聴できるようにすればいい。先にテレビ電波で放送しておいてから、YouTubeで公開するほうが賢明{けんめい}だろう。逆の場合、明らかに、テレビ電波の視聴率が落ちるからだ。

その場合、方法は、いろいろある。

(A) 視聴は無料とし、テレビ放送時の広告を付けた状態のまま、YouTubeで公開する。

(C) テレビ番組を視聴するビデオに関しては、有料会員制とする。この場合、番組中の広告を外す。

(D) 有料会員制とするが、会費を低料金にして、広告は付ける。その場合、テレビ放送時の広告と同じものにする。

(B) テレビ局側が永久的な公開を望まない場合、『期間限定公開』とすればいい。

『テレビ番組』というのは、国営ではない場合、民間企業の『スポンサー』が、制作費を払う。その見返りに、『ビデオ広告』を、番組の中で放送する。それは、「15秒」あるいは「30秒」のビデオである。場合によっては、「1分間」という広告もある。

雑誌に『画像広告』や『文字広告』を掲載する場合、購読者数が少ない。だいたいの話だが、人気雑誌で、『10万〜30万部』である。広告料は、『100万円〜200万円前後』である。


【日本雑誌協会(JMPA)】 www.j-magazine.or.jp
JMPAマガジンデータ


【雑誌広告ドットコム)】 www.zasshi-ad.com
媒体一覧


雑誌の場合、広告料だけでなく、購読者からもまた、料金を取るのだが、民間放送テレビ局の場合、視聴者からは利用料金は取らない。【民間放送の衛星放送専門チャンネルだと、視聴者から月額会員費を取る場合があるが、基本的に、広告を付けない。】

雑誌の場合、「10万部で100万円」ということは、

『利用者1人に対して、10円』

という意味である。一方、テレビ広告の場合、問題なのは、「広告料」そのものよりも、「広告制作費」である。雑誌は、簡単な画像や文字で作成するが、テレビの場合、ビデオにするので、かなりお金がかかる。たった30秒間だが、広告制作費は、「数千万円」もかかる。

ただし、テレビ番組そのものは、「広告制作費」のお金を、「番組制作費」として使うことはない。あくまでも、「広告料」を使って制作する。

『ビデオ広告制作会社』から、何らかのお金がテレビ局側に流れる場合もあるが、顧客である『広告主』の企業は、その取り引きとは無関係であり、基本的に、テレビ局に対しては、『テレビ番組に挿入する広告料』だけ、払えばいい。

テレビ番組の場合、「視聴率10%」というと、利用者の実数に換算すると、「1270万人」であるから、「10万人〜30万人」の雑誌と比較して、宣伝効果が圧倒的なのだ。

ただし、テレビ電波というのは、ローカル・テレビ局から送信される範囲にしか届かないので、「ローカル放送番組」なのか、「全国ネットワーク放送番組」なのかが、重要な要素になるわけだ。「ローカル・テレビ局が制作するローカル番組」という場合、視聴者の実数は、大きな数値にはならない。「雑誌よりは多い」という程度だ。

だが、「全国放送の人気番組」という場合、雑誌の購読者数を、はるかに超えているわけだ。人気番組になると、番組内で放送した広告のすべての広告料を合計すると、「数千万円」になる。広告の合計が「30秒×20本」とすると、「30秒=200万円前後」であり、広告料総額は「4000万円」である。

基本的に、テレビ番組における広告放送時間は、

◆30分番組 ... 4〜5分間(15秒広告を、16〜20本)

<20本の場合、平均1分30秒間隔、つまり、本編1分15秒ごとに広告を15秒>

<16本の場合、平均1分52秒50間隔、つまり、本編1分37秒50ごとに広告を15秒>

◆60分番組 ... 8〜10分間(30秒広告を、16〜20本)

<20本の場合、平均3分間隔、つまり、本編2分30秒ごとに広告30秒>

<16本の場合、平均3分45秒間隔、つまり、本編3分15秒ごとに広告30秒>

こういう感じである。従って、『番組枠』の中における、広告放送を除外した『本編』は、「30分番組」では、「25分間〜26分間」であり、「60分番組」では、「50分間〜52分間」である。従って、「60分番組」という場合、「広告料:30秒間=200万円〜300万円」とすると、全体で、「4000万円〜6000万円」となる。テレビ局プロデューサーは、これを『資金』として、スタジオの維持費や、番組用のセットの建設費、出演者の出演料、スタッフに対する給料を、割り当てているのである。

世界的に有名なテレビ番組である『スーパーボウル [Super Bowl]』 【スーパーボール [Super Ball] ではない。】 だと、視聴者の実数が、「1億1千万人」で、広告料が、「30秒間=500万ドル(5億5575万円)前後」という。これを、1試合の中で数十本放送するので、1番組あたりの広告料総額は、『数億ドル(=数百億円)』になる。「30秒×50本(=広告放送時間の合計は25分)」とすると、総額は「2億5千万ドル(278億円)」になるが、実際、それくらいになるらしい。おまけに、最近は、「どこの企業がスーパーボウルに広告を出したか」ということが話題になるので、「スーパーボウルに広告を出した」ということを宣伝する企業も現れて、むちゃくちゃな状態である。


【NEX GATE】 www.nexgate.jp
テレビCMの広告費の相場ってどのくらいかかるの?


【広告ダイレクト】 www.kokoku-direct.jp
テレビCM


【ニューズウィーク日本版】 www.newsweekjapan.jp
スーパーボウルCMは「世界一」高くても価値がある
[公開 2017/02/07(1ヶ月前)]
【英語は『NEWS』だが、日本語表記は『ニューズ』であり、「ニュースウィーク」ではない。】


雑誌では、「1人=10円」だったが、実は、テレビ広告は、よく考えると、それよりも『安い』のである。人気番組の場合、「視聴率20%(=2540万人)」にもなるが、「2500万人=250万円」の場合、「1人=0.1円」であり、雑誌よりも『割安』である。

スーパーボウルだと、「1億1千万人=5億5000万円」ということは、「1人=5円」であるから、よく考えると、雑誌よりも『割安』なのだ。「5円」といったら、「広告用ポケットティッシュ1袋」と同じくらいである。つまり、企業の広告を印刷したポケットティッシュを1袋、無料で配る宣伝方法と、同じくらいの費用なのだ。

また、スーパーボウルは、企業が、たった30秒間に対して5億5000万円を支出しても、宣伝効果が非常に高いのである。『広告』というのは、「出せば必ず宣伝効果がある」というものではない。広告を出しても、宣伝効果が低い場合も多い。雑誌に広告を掲載しても、購読者が必ず目を通すとは限らないし、テレビで広告を放送しても、その時間、見ていない可能性もある。広告用ポケットティッシュですら、ティッシュだけ使って、広告を見ていない場合もある。

この『宣伝効果』という問題に関しては、経済学者たちも、理論的に研究しているようだ。

経済学は、『相対性原理 [principle of relativity]』であり、固定的な観念で数値の計算をすると、目測{もくそく}を誤るのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

では、筆者は、何を提案しようとしているのか?

YouTubeの『ユーチューバー』と呼ばれる人たちの中で、ランキングの高い人の「再生回数」を見ると、「公開動画:数百本の合計で、再生回数1億回以上」という人もいるし、「チャンネル登録者数」を見ると、「100万人」を超えている人もいる。

すると、これは、「宣伝効果」という問題を考えた場合、そのユーザーが管理しているビデオの中に、テレビ番組のような『広告ビデオ』を、挿入してもらえば、テレビ番組ほどの宣伝効果は期待できないが、雑誌の宣伝効果を超えるくらいの効果を期待できるはずである。

たとえ「チャンネル登録者数:1万人」であっても、それ以外のPC利用者も視聴するだろうから、人気雑誌よりは宣伝効果は低いが、ある程度の宣伝効果は期待できるわけである。

すると、企業が広告ビデオの挿入を依頼して、その見返りに「制作費」を提供する・・・・・という契約を結んだ場合、ユーチューバーは、そのお金を使って、より品質の高いビデオを制作できるようになる、ということだ。

ユーチューバーのほとんど全員、今は、「制作費ほぼ無料」という状態で制作しているが、スポンサーが付いた場合、お金を掛けたビデオを制作することができる。

それは、まさに、「
テレビ番組そのもの」である。セットを組み立てたり、有名人ゲストを呼ぶことも可能になる。

すると、テレビ局勤務経験のないユーチューバーよりも、そういった仕事における『ノウハウ [know-how]』を、知り尽くしているテレビ局プロデューサーのほうが、要領が分っているし、また、テレビ番組制作を担当していた時期に、スポンサー契約の交渉をした相手の企業と、交渉することもできる。いわゆる『パイプ』のことだ。

つまり、一つは、

「ユーチューバーが、テレビ番組プロデューサーのような仕事をする。」

という意味であり、もう一つは、

「テレビ番組プロデューサーが、ユーチューバーのような仕事をする。」

という意味である。

当然、『ノウハウ』と『パイプ』を持っている、テレビ局プロデューサーのほうが、有利になる。そして、もう一つの方法は、先ほども説明したが、

「テレビ電波で放送した番組を、YouTubeで『再放送』する。」

という方法だ。テレビ局プロデューサーが、YouTube向けに、新たにビデオを制作する、という方法もあるが、テレビ電波用に制作したビデオを、YouTube用PCビデオに変換して、インターネット通信で公開する、という方法もあるわけだ。

今までは、視聴者は、見たい番組に対して自分の都合が合わない場合、『レコーダー』で録画して、自分の都合のいい時間に視聴していたが、もし、テレビ局側がインターネット・ビデオとして『再放送』をする場合、視聴者は、レコーダーに録画する手間を省{はぶ}くことができる。

レコーダーに関しては、ブルーレイ・ディスクを使って、ハリウッド映画を見たらいい。また、デジタルカメラのビデオ映像を保存することにも使える。だから、「レコーダーの売り上げが落ちる」という心配は要らないと思う。

これらの『アイデア』に関して、もっとも重要な課題になるのは、

「企業が、ユーチューバーに制作費を提供して、本当に、その金額に見合うだけの宣伝効果を期待できるか?」

この一点である。これは、テレビ番組プロデューサーがもっとも重要な課題としている物と、同じ物である。

宣伝効果が高ければ、広告料=制作費も上がり、品質の高い『番組』=『ビデオ』を、制作できる。

宣伝効果が低いと、広告料=制作費は下がり、品質の高い『番組』=『ビデオ』は、制作できなくなる。

これが、どう傾くかは、ユーチューバーの技量に掛ってくるわけだ。出演者=プロデューサーである必要はなく、別の人でもいいが、とにかく、問題は、プロデューサーの技量である。

プロデューサーとして、高い技量を持っ人物が加われば、出演者自身がプロデューサーになる必要はない。

この筆者のアイデアは、「必ず成功できる」という種類のアイデアではない。失敗する人間のほうが多いだろう。なぜなら、インターネット・ビデオの場合、『チャンネル』が非常に多いからだ。挑戦しても、『視聴率』を上げられずに、『スポンサー』も付かずに、挫折するユーチューバーも多く出るだろう。

だから、こういう選択肢もある。

「そういう『賭け』には、最初から挑戦せずに、今まで通り、『制作費ほぼ無料』で、マイペースに、ビデオを公開してゆく。」

それは、つまり、「筆者のアイデアを聞いたあとも、特に変わったことはしない」・・・・・という『選択』である。そのほうが、うまくユーチューバーの仕事を続けていくことができる、という人もいるかも知れない。

逆に、ユーチューバーから、映画業界に行く若者も、現れるかも知れない。昔は、『8ミリ』という映写機で、簡単な映画を制作して、そういう趣味を持った人たちの会合で、自分の作品を発表することによって、だんだん、技量を上げていった。今は、

「デジタルカメラとPCで映画を制作し、インターネット・ビデオで作品を公開して、PC利用者から感想を聞いたりして、自分の技量を確かめる。」

という、やり方も可能な時代だ。

実際、『ユーチューバー』の仕事をきっかけに、芸能界に進出した人は、今までのところ、非常に少人数だが、全世界に何人か存在するようだ。

プロ歌手を目指している若者も、YouTubeで視聴者数を増やせば、音楽会社からのスカウトがあるかも知れない。






参考文献


【ウィキペディア】
YouTube


【ウィキペディア】
YouTuber


【ウィキペディア】
木下ゆうか★[英語/中国語あり]


【ウィキペディア】
★GAME8★[日本語なし/外国語なし]





----- 終 -----






ADMIN MEMO


NEW PAGE <THESIS 031> 2017.03.25.0340-0830 /// 03.26.0010-0130 /// 1050-1210 /// 1800-1930 ||| 03.26.1930 UP |||