lil69ili.com - THESIS 034

「近視」
< Kinshi >

" Shortsightedness "





日本語が読めない人は、『全自動翻訳機』をお使いください。
If you cannot read Japanese-Language, please use "Full Automatic Translation Machine."

英語が読めない人は、お近くの『大卒者』に聞いてください。
If you cannot read English-Language, please ask to your near place's "College Graduated Person."



<助言> ページが長いので、「ページ内のリンクの無い場所」をマウスでクリックしてから、キーボードの『方向キー』でスライドさせると便利です。




UPLOAD 2017/05/07





今回は、医学だ。当方の医学は、だいたい、「こういう感じの医学」である。素人{しろうと}向けに、ひと言で表現すると、

「なるべく薬には頼らない。」

という感じだ。

医学に関しては、中途半端な論文を公表しても、患者の命に関わるから、

「他の医師たちが、既に持っている技術を、少し応用すれば、直ちに実用化できる。」

という範囲を超えた話はできない。つまり、当方が、細かく指示を出しながら治療する必要性があるような、独創的な医学理論に基づいた治療法は、このサイト内では紹介できない。本格的な科学雑誌への投稿だとか、そういう形で公表するべきである。

以前、数年前に、

「中国伝統医学の『灸{きゅう}』は、体内の悪性の病原体を、熱で殺菌できる。」

と、簡単に紹介したことがあったが、あれもまた、実際に、灸の治療ができる医師であれば、『応用』が可能であるわけだ。

今回も、その程度の話である。

今回は、『近視』について、考察するが、眼科の医師ですら、必要がないほどの『治療法』である。薬も使わない。

現代は、『人工授精』によって、人間の女性が妊娠できる時代だが、『近視』の原因は、まだ解明されていないそうだ。いくつかの『仮説』はあるが、決定的な理論は存在しない。『精神病』もそうだし、『癌{がん}』もまた、原因は解明されていない。

『精神病』や『癌』に関しては、当方で、独創的な理論を持っているが、かなり複雑なので、このサイトで簡単に紹介できるような理論ではない。

『近視』に関しては、当方もまた、確実な理論は持っていない。しかし、『治療法』に関しては、一つの方法は、考案した。それは、素人でも実践が可能であり、うまく治らなくても、悪化する心配はない。その辺り、いったい、どういう意味なのかを、今から説明する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

近視になるメカニズムは、よく分らない。とにかく、

「光学的な光線が、眼球の中で、うまく焦点が合わなくなって、映像がボケる。」

「従って、眼鏡によって、光学的光線の屈折角度を矯正{きょうせい}すると、眼球内部で焦点が合うようになる。」

ということだ。自分で画像を作成するのが面倒なので、ウィキペディアの画像で確認していただきたい。


【ウィキペディア】
矯正レンズを使うことによる近視の矯正


筆者は、ときどき、何かの問題を解決するとき、こういう『必殺技』を、使う場合がある。今回は、これを使う。

「『原因』は不明のまま、実際に効果があったという話から、『解決方法』を導き出す。」

それは、アフリカ大陸の原住民たちの視力のことだ。彼らは、先進国で使用している視力検査表でいうところの「2.0」を、はるかに超える視力があるそうだ。つまり、既定の距離から「2.0」の画像が見えた場合、「視力=2.0」と判定されるわけだが、その「既定の距離」よりも、更にもっと、後ろに下がっても、「2.0の画像」が、はっきりと見えるわけである。

もうひとつ、こちらの話は、世界中、知っている人は、ほとんどいないだろう。それは、第二次世界大戦における、海戦の話だ。

筆者が持つ、もうひとつの『必殺技』は、

「まったく何の関係も無さそうなジャンルの話を、今現在研究しているジャンルの解決に使う。」

『視力』と『第二次世界大戦における海戦』とでは、一見、まったく何の関係も無さそうに思えるだろうが、解決策のヒントがあるのだ。

アメリカ艦隊が、1944年に、新兵器である「レーダー」を、軍艦に搭載するまで、日本艦隊は、『野戦(=夜間戦闘)』が強かった。1942年6月の『ミッドウェー海戦 [Battle of Midway]』で、日本軍が歴史的な大敗北を喫{きっ}したあと、8月の『第一次ソロモン海戦 [Battle of Savo Island]』では、巡洋艦と駆逐艦同士の砲雷撃戦{ほうらいげきせん}で、日本軍は、アメリカ軍に勝利していた。その後の『第二次ソロモン海戦 [Battle of the Eastern Solomons]』(8月)、『サボ島沖海戦 [Battle of Cape Esperance]』(10月)、『第三次ソロモン海戦 [Naval Battle of Guadalcanal]』(11月)では、日本軍は敗北したが、この時代の『海戦』というのは、艦艇用レーダーが無かったのである。航空母艦の場合、まず先に偵察機が敵艦隊を発見して、無線で位置を報告し、そのあと、攻撃機が発進したのである。

夜間は、航空機で攻撃できないので、戦艦・巡洋艦・駆逐艦および潜水艦が、『大砲』や『魚雷』を発射する戦いになる。大砲で攻撃することを『砲撃』と呼び、魚雷で攻撃することを『雷撃』と呼ぶ。両方を合わせて『砲雷撃』と呼ぶ。

日露戦争(A.D.1904-1905)の時代、軍艦同士の砲雷撃戦は、両軍の間隔が「7キロメートル前後」であったが、第二次世界大戦の時代は、「20キロメートル前後」もあった。どうやって、敵の軍艦を確認したのかというと、『目視』である。つまり、第二次世界大戦の時代、海軍兵たちの視力は、かなり凄かったわけである。もちろん、双眼鏡を使っていたが、それでも、夜中に、20キロメートル先に浮かんでいる、全長100メートル前後の軍艦が見えていたわけだ。「双眼鏡なしで、肉眼でも、それくらいは見えた」という話を、何かの本で読んだ記憶がある。

航空部隊のパイロットの視力も、「2.0」を、はるかに超えていた。あの時代の軍用機に、航空機用レーダーは無い。空中戦は、すべて『目視』であるから、『視力』は、戦いを左右したのである。

では、なぜ、今の時代、『先進国』では、若者たちの近視が『先進』をするのか? 答えは簡単だ。誰でも分る。「テレビ」とか「パソコン」である。一日中、近い距離のディスプレイを見ているから、視力が悪化するのである。

では、アフリカ大陸の原住民や、第二次世界大戦における水兵やパイロットは、どうして、視力が異常に良いのか? それはつまり、

「日常的に、遠くを見ているから。」

「獲物や敵部隊を発見するために、遠くをジーと、凝視{ぎょうし}している。」

これ以外に、『原因』は、見出せないであろう。詳しい医学理論は不明だが、そういう『訓練』を、毎日、繰り返していると、何らかの理由で、視覚に関連する機能が向上するのだ。

・・・・・ということは、『視力を回復する方法』は、

「遠くの景色を見る。ただ漠然{ばくぜん}と眺めるだけでなく、何かの目標を凝視するように努力する。」

これで、何らかの効果が出るのは、確実である。

すると、「なるべく遠くを見るとよい」・・・・・ということになると、日常生活の中で、もっとも遠い距離にある景色は何だろうか、と、考えると、それは、

「夜空の星。」

ということになる。第二次世界大戦における日本軍やアメリカ軍の水兵たちも、夜、星を見ていた。『星』といえば、距離としては、「20キロメートル」とか、そういう数値ではない。「何百光年」である。

『オリオン大星雲 [Orion Nebula]』の場合、『1344光年』だそうだ。『1光年』は、

『9兆4607億3047万2580.8 キロメートル』≒『9.46兆キロメートル』
=『9460兆7304億7258万0800 メートル』≒『9460兆メートル』

であるから、『1京{けい}2714兆2400億キロメートル(=1271京4240億メートル)』である。

『プレアデス星団 [Pleiades]』は、『444光年』=『4200兆2400億キロメートル(=420京0240兆メートル)』である。

『円周率 [the ratio of the circumference of a circle to its diameter]』 ...
[pi] [π] = 3.14

というのも重要な数値だが、これからは、異星人との交流も始まるだろうし、

『光年 [light-year]』 ...
[ly] = 9.46 quadrillion metres (= 9.46 trillion kilo-metres)

【"metre"="meter"】

という数値も、重要になる。

筆者自身、近眼だが、今は、変態パパラッチとの戦いが続いているし、PCの作業で忙しいので、夜空を見上げている暇もない。しかし、きっと、夜空に浮かぶ、1京キロメートル [ten quadrillion kilo-metres] (=1万兆キロメートル [ten-thousand trillion kilo-metres] )離れたオリオンを見ていれば、本当に、視力が回復するような気がする。

もし、この『治療法』で、回復しなかったとしても、悪化することはないだろう。

ユーチューバーのみなさんも、試してはいかがだろうか?






参考文献


【ウィキペディア】 wikipedia.org
近視


【ウィキペディア】
第一次ソロモン海戦


【ウィキペディア】
オリオン大星雲


【ウィキペディア】
プレアデス星団


【ウィキペディア】
円周率


【ウィキペディア】
光年


参考ビデオ
4 VIDEO 00:21:44 (22min)


【YoUTuBe】 www.youtube.com
ゆきりぬ
私のメガネ選びを手伝ってください【ゆきりぬ】
<VIDEO 00:04:43> [公開 2017/03/07]


【YoUTuBe】
ゆきりぬ
新しいメガネを買ったら…誰かわからない顔にwww【ゆきりぬ】
<VIDEO 00:04:32> [公開 2017/04/14]


【YoUTuBe】
ゆきりぬ
女子3人でトッピング全部のせクレープを食べ尽くす!【ちゅにもえりぬ】
<VIDEO 00:06:23> [公開 2017/05/04]


【YoUTuBe】
ゆきりぬ
バレずに”まつ毛”を少しずつ増やしたらいつ気付かれるのか?【ゆきりぬ】
<VIDEO 00:06:06> [公開 2017/05/05]





----- 終 -----






ADMIN MEMO


NEW PAGE <THESIS 034> 2017.05.07.0030-0430 /// 0500-0700 ||| 05.07.0700 UP |||