lil69ili.com - THESIS 043

「日本国の医療」
< Nihonkoku No Iryou >

" Japan's Medicine "





日本語が読めない人は、『全自動翻訳機』をお使いください。
If you cannot read Japanese-Language, please use "Full Automatic Translation Machine."

英語が読めない人は、お近くの『大卒者』に聞いてください。
If you cannot read English-Language, please ask to your near place's "College Graduated Person."



<助言> ページが長いので、「ページ内のリンクの無い場所」をマウスでクリックしてから、キーボードの『方向キー』でスライドさせると便利です。




UPLOAD 2017/12/25




筆者は、昔から、『難病』を患{わずら}っていて、今年に入ってから、徐々に治り始めている。今回は、その話をする。

小学校の頃から、『季節の変わり目』に体調を崩して、どうしても、朝、起きられなくなることがあった。すると、学校の教師や、家族や、親戚は、

「登校拒否だ。」

という。当然、本人に「どうしたんだ?」と質問してくるが、

「体がだるくて、起きられない。」

と、答えるから、

「じゃあ、登校拒否に間違いない。」

ということで、『確定』になってしまう。つまり、もうすでに、小学生の頃から、周囲の日本人とは、会話が噛{か}み合わなかった。

ここで、日本人の不思議な所は、「じゃあ、何が原因で登校拒否をしているか?」という事を、調べようとしない。つまり、

「理由はともかく、『学校へ行かない』ということを、許す訳にはいかない。」

とか、どうのこうの、説教してきたりするので、1日か2日休んだあと、誠意が伝わって、何とか登校するようになる。

この『登校拒否』は、高校になってからも治らなかった。『季節の変わり目』に、体調を崩して、どうしても、朝、金縛りに遭{あ}ったように、起きられないのである。

高校を卒業したあと、きちんとした就職をせずに、あちこちでアルバイトなどをしていたが、31年前には、病気の症状がかなり悪化していて、まともに会社勤務ができないほどになった。どういう症状なのかを、具体的に箇条書きすると、こういう状態である。

◆ 朝起きるのが苦手で、働いていないときは、昼まで寝ている。

◆ 一日中、ボーとしていて、体がだるい。

◆ 周囲の人と会話をしない。

◆ 自分の部屋に閉じこもって、一日中、外出しない日が多い。

それで、親戚の男が、警察に相談に行った。警察は、本人とは会っていないが、親戚から話を聞いて、

「自閉症の疑いが強い。」

と、判断した。それで、28年前に、刑事が数人、自宅に来て、

「体が悪いらしいな。内科で検査を受けろ。相談に乗ってやるから。」

と、親切に言ってきたので、筆者は、「やれやれ、助かった」と思って、素直にパトカーに乗った。すると、知らない病院に到着したあと、どこかの病棟に閉じ込められた。ドアに鍵が掛かっていて、外には出られない。男性看護師が数人居たので、

「ここって、精神科じゃないの?」

と、聞いたら、

「精神科もあるけど、内科もありますよ。」

と答えるが、やっていることが意味不明で、まったく理解できない。そのあと、確かに、内科で使う医療機器の検査があった。心電図とかレントゲンとか血液検査である。

そのときは知らなかったが、あとで分ったことは、日本国の精神科病院は、強制治療患者の場合、『警察の調査結果』を聞いて、『内科の検査』をして、検査結果に異常がない場合、『精神病で確定』になるらしいのだ。つまり、『精神科の検査』というのは、存在しないのである。『内科の検査』をして、『異常が無い』場合、『精神病の疑い』を持ち、あとは、『家族の話』とか『警察の調査結果』から、医師が『診断』を下すのである。

結局、そのときは、そのまま、刑事たちとは、二度と会う機会もなく、半年間、閉鎖病棟で強制治療を受けた。

退院したあと、あちこちでアルバイトをしていたが、どこに就職しても、長続きしない。長くても1年くらいしか続かない。原因は、『登校拒否』である。『登校拒否』をするたびに、家族や親戚に、「入院して治せ」と言われて、入退院を十数回、繰り返した。

精神安定剤を服用しながら、アルバイトをしていたが、15年前には、一日に8時間を働くことができなくなり、一日5時間のアルバイトをしていたが、そこから更に悪化して、13年前には、まったく労働ができない状態に陥{おちい}った。ほとんど死にかけているような状態だった。

そのときも、周囲の日本人は、

「働くのが嫌いな性格が悪化して、完全に、働きたくなくなったらしい。」

と言って、呆{あき}れ返っていた。その頃には、もう、誰とも交流をしない状態になっていた。その前後、『障害認定』を受けたので、そのお金で、ボロアパートで生活していた。

まったく他の人と交流をしなくなってから、逆に、少しずつ、体が動くようになっていった。

アルバイト生活とか、精神科の入院生活というのは、無理矢理、朝、決まった時間に起床して、夜、決まった時間に就寝しなければならないから、それも、昔からの持病{じびょう}が悪化した原因だったわけだ。

自分自身は、31年前から患っている病気が何なのかは、31年前から知っている。その『治療法』を考えていて、今年:2017年になってから、遂に、治療方法を発見した。今は、次第に、病気が治り始めている。恐らく、あと半年で、完治するはずである。

「13年掛けて治した」という意味ではなく、「治療法を発見するまで12年掛かり、そこから1年ほどで治り始めた」という意味である。

ただし、小学生の頃からの『持病{じびょう}』である『登校拒否』は、治らないと思う。しかし、31年前から患っている『自閉症』は、治せる自信がある。

警察が、『自閉症』だと判断した、謎の病気は、筆者自身は、

『過労』

という病気だと考えている。警察は

「内科の検査を受けて異常が無かったのだから、精神病だ。」

と、判断したらしいが、患者本人である筆者は、

「過労死寸前の疲労状態だった。」

と、判断している。

もし、今、警察が、

「過労になるような仕事をやっていたのか?」

と、質問するのであれば、その質問に答える気は、まったく無い。

そして、日本国の医療関係者や製薬会社に、自分が発見した、

『過労の治療法』

を、教える気は、まったく無い。

ただ一つだけ、このサイトの視聴者のために、素人{しろうと}さんでも役に立つ『丸秘{まるひ}情報』だけ、教えておこう。

「自閉症には、『栄養ドリンク』が、けっこう効く。」


【固有商品名を書くと企業案件に見えてしまうので控えさせていただきます。】






参考文献


【ja.wikipedia.org】
過労死


【en.wikipedia.org】
Karoshi


【ja.wikipedia.org】
自閉症


【ja.wikipedia.org】
栄養ドリンクの一覧





----- 終 -----






ADMIN MEMO


NEW PAGE <THESIS 043> 2017.12.25.1640-1840 ||| 12.25.1900 UP |||