lil69ili.com - THESIS 051

「天国」
< Tengoku >
< てんごく >

" Heaven "





日本語が読めない人は、『全自動翻訳機』をお使いください。
If you cannot read Japanese-Language, please use "Full Automatic Translation Machine."

英語が読めない人は、お近くの『大卒者』に聞いてください。
If you cannot read English-Language, please ask to your near place's "College Graduated Person."



<助言> ページが長いので、「ページ内のリンクの無い場所」をマウスでクリックしてから、キーボードの『方向キー』でスライドさせると便利です。




UPLOAD 2019/07/27




「魂は存在する」と信じている人は、100%、「死んだあと自分の魂は天国へ行く」と、信じている。それは、「100%」である。「自分の魂は地獄へ落ちる」と信じている人間は、この世に一人も居{い}ない。

では、そういう人が、死んだら、そのあとは、どうなるのか?

ここで重要な『法則』は、

「死んだあと自分の魂は天国へ行く。」

と、考えている、いうことは、イコール、

「天国に、はいれたら、自分の肉体が死んだことを確認できる。」

と、考えている、ということだ。

そして、やがて、その人の肉体が死んで、魂が、肉体から離れて、天井{てんじょう}のすぐ下の高さから、自分の死体を見る。

この時点で、まだ、『天国』には、はいっていない。

その死体は、以前、鏡や写真で見た自分の顔と似ているが、顔の似た人物というのは、世の中にたくさん居るものだ。

その死体の傍{そば}で、家族が泣いている。

「おや、どうしたんだ?自分に顔の似た人の死体の横で、家族が泣いているぞ。」

自分は、『死んだあと魂が天国に行く』と信じているが、「家族が悲しんでいる」というのは、よくない。それで、その、泣いている家族に話しかける。

「おい、どうした?この死体は、誰なんだ?」

ところが、聞こえないらしく、反応がない。それで、しょうがないから、親友とか、仕事仲間の所へ、瞬間移動で行く。そして、

「私の家族が、私の顔に似た人物の死体を見て泣いているが、何があったんだ?」

ところが、彼らも、聞こえていない。

『死んだあと魂が天国へ行く』ということは、分かっているが、この問題を、解決する必要がある。

しかし、家族は、半年くらい経{た}つと、以前のように、笑顔も戻ってきた。だから、その笑顔を見て、安心して、その幽霊は、自分の好きなことをし始める。

『自分に顔の似た死体を見た日』から、『空中浮遊{くうちゅう・ふゆう}』とか、『瞬間移動』が、できるようになった。不思議なことに、何も食べていないのに、おなかが空{す}いてこない。

天国へ行けたら、その世界では、

「願えば何でも叶{かな}う。」

という。一般市民の『願い』と言えば、

@毎日、おいしい料理を食べる。

A男性なら美女、女性なら美男{びなん}と、仲良くなる。

B好きなスポーツを観戦したり、自分でプレーする。

こういうようなことだ。

ところが、『自分に顔の似た死体を見た日』のあと、何も食べていないのに、まったく、おなかが空いてこないし、「食べたい」とも、思わなくなった。それと、「スポーツ」も、自分がプレーすることに関しては、興味が無くなった。従って、残っている『願い』は、「スポーツを観戦する」ということと、幽霊が男性の場合だと、「美女と仲良くなる」ということだけだ。

しかし、それも、一つ、問題がある。『自分に顔の似た死体を見た日』のあと、「他人に触る」ということが、できなくなった。自分の体に『手』は付いているが、誰かに触ろうとしても、通り抜けてしまい、触れない。これじゃあ、美女に会えたとしても、『お触り』はできないということだ。

しかし、『見る』ということはできるから、『美女』を探すことにした。

『自分に顔の似た死体を見た日』のあと、『人間』に関しては、二種類が見えるようになった。一つは、以前から見えていた、『地上を歩く人間』であるが、もう一種類、『空中浮遊できる人間』も、見えるようになった。

そして、重要なことは、『地上を歩く人間』とは、会話ができないが、『空中浮遊できる人間』とは、テレパシーで会話できる、ということだ。

その『空中浮遊できる人間』に関しては、『男』と『女』が存在するが、『女』と言っても、『地上を歩く人間』の『女』に比べたら、かなり酷{ひど}い。『地上を歩く人間』も、ほとんどがブサイクで、『美人』は少ないが、『空中浮遊できる人間』の場合、それよりも、もっと酷い。

大昔の仏教のお坊さんが描{えが}いたという、『妖怪{ようかい}の絵』というのがあるが、あれに、そっくりだ。つまり、『地上を歩く人間』の中の『ブサイク』の女が、「美人」と思えるくらいに、『空中浮遊できる人間』の女は、容姿が酷い。

『空中浮遊できる人間』の『女』というと、『妖怪』と、『ブサイク』しか、見かけないので、幽霊は、

「私が死んだあとは天国へ行けるからいいが、それにしても、最近は、美女を見かけない。いったい、どこにいるんだろう?」

こう、疑問を持ち、最近、「知り合い」になった、『空中浮遊できる人間』の一人に、聞いてみた。

「『空中浮遊できる人間』の中で、『美女』というのは、どこに居るんだ?」

「彼女たちは、ある場所に、集まって生活している。他の人間とは、あまり、会う機会がない。」

「どうして美女たちだけ、一ケ所に集まって生活してるんだ?」

「『空中浮遊できる人間』の女は、他の男と、『ドッキング』は、しないから、男と会っても、あまり、意味がない。」

「え?じゃあ、その場所へ行くしかないのか?それは、どこなんだ?」

「その場所の、近くまでなら、案内してやる。」

それで、瞬間移動で、その、『美女たちの住む場所』の近くまで行く。知り合いは、指を差して、こう説明する。

「あれが『門』だ。あそこに、生き物が居るだろう?」

「あれはなんだ?怪物か?」

「そうだ。この場所の門番をしている、『大蛇{だいじゃ}』だ。近寄ったら、食われる。」

「え?蛇{へび}に食われるのか?」

「そうだ。だから、美女のほうから、外に出てくるのを、待つしかない。」

幽霊は、がっかりした。自分が死んだあと魂が天国に行くが、それまで、ブサイク女と、妖怪女としか、会えないらしい。

それが分かってから、その人物は、イライラしてきた。

そこで、以前から、『地上を歩く人間』の中で、ムカついていた相手がいたので、そいつの所に行った。『自分に顔の似た死体を見た日』のあと、『ハンドパワー』を発射できるようになっていて、「地上を歩く人間』に向かって発射すると、相手が病気になることを知っていたので、その、以前からムカついていた相手に、パワーを発射した。すると、その男が、病気にかかって、寝込んだ。

「ざまあみろ。ああ、スッキリした。これで、死んだあと、気持ちよく、魂が天国へ行くことができる。」

その幽霊は、「次に何をしようか?」と、考え始めた。

「『地上を歩く人間』が、やっている、『女子サッカー』の試合を、見に行くか。」

その幽霊は、死んだあと天国へ行くまで、「女子サッカーを観戦すること」が、最高の楽しみになった。





REFERENCE DOCUMENT
参考文献

【ja.wikipedia.org】
天国

【ja.wikipedia.org】
極楽





----- END (終) -----






ADMIN MEMO


NEW PAGE <THESIS 051> 2019.07.26.0420-0550 /// 07.27.0520-0540 ||| 07.27.0600 UP |||