lil69ili.com - THESIS 053

「ユーフォー」
< Yuufoo >
< ユーフォー >

" UFO "





日本語が読めない人は、『全自動翻訳機』をお使いください。
If you cannot read Japanese-Language, please use "Full Automatic Translation Machine."

英語が読めない人は、お近くの『大卒者』に聞いてください。
If you cannot read English-Language, please ask to your near place's "College Graduated Person."



<助言> ページが長いので、「ページ内のリンクの無い場所」をマウスでクリックしてから、キーボードの『方向キー』でスライドさせると便利です。




UPLOAD 2019/08/17




日本人が、『元{もと}が英語の言葉』を使うとき、こういう勘違い{かんちがい}をする事が多いので、欧米人は、注意したほうがいい。

例えば『ユーフォー(UFO)』だ。これは、元{もと}が英語であり、『元が日本語の言葉』は無い。

日本語で、『未確認飛行物体』と翻訳されているので、

「あの飛行物体は、ユーフォーにまちがいない。」

という言い方をすると、「文章として、おかしい」というのだ。『未確認飛行物体』というのは、

『空中を飛行するが、物体なのか、気象現象なのか、それ以外の何かなのか、確認できない現象』

という意味であり、「確認できない物をユーフォーというのであるから、『まちがいない』という言い方は、おかしい」というのだ。

「ユーフォーは、存在するのか、存在しないのか?」

この言い方もおかしい。「飛行物体なのか、何なのか、確認できない現象」に対して、「存在するのか、存在しないのか?」という言い方は、文章として、おかしいわけだ。

こういう種類の『議論』に関しては、昔、私が、『聖書』を『日本語版』で研究していたとき、苦労した事と同じものだ。「英語版は、微妙に意味が違う」と分かるまで、解読が進まなかった。

ここで書く説明は、『聖書』を解読するときに体験した事と、非常に似た問題である。

『聖書』の『日本語版』は、『英語版』を翻訳したものであり、その英語版もまた、『古代ギリシャ語版』を翻訳したものであり、それさえも、『古代イスラエル語版』を翻訳したものであるから、一番最初の言語は、『古代イスラエル語』である。専門的には、『ヘブライ語 [Hebrew] 』とか、メソポタミア地方で使われていた『アラム語 [Aramaic] 』という言語だ。キリストは、アラム語を使っていたらしい。

『仏教』も、同じような問題を抱{かか}えている。漢字で書かれた『御経{おきょう}』は、大昔の中国の僧侶が翻訳した書物であり、元は『古代インド語』である。専門的には、『サンスクリット(=梵語{ぼんご})(「サンスクリット語」という言い方をする場合もある) [Sanskrit] 』とか、『パーリ語 [Pali] 』という。

『儒教』における『論語』などの書物に関しては、元が『古代中国語』であるが、現代の中国語や台湾語や日本語と、漢字の使い方や意味が変化しているため、「書物が書かれた当時はどういう意味だったのか?」という事を、突き止めないと、正確な解読はできない。

『ユーフォー』という単語に関しては、元の『英語』の意味を考えないと、こういう勘違いをして、口論{こうろん}になったりするわけである。すなわち、こういう解読方法ができないと、『聖書』などの宗教書は、正確に解読できない。

英語の『U.F.O.』は、『Unidentified Flying Object{アナイデンティファイド・フライング・オブジェクト}』の省略形である。

『フライング・オブジェクト』は、『飛行物体』である。問題なのは、『アナイデンティファイド』の意味だ。これは、「正体を確認できない」という意味である。従って、『アナイデンティファイド・フライング・オブジェクト』の正確な意味は、

『正体を確認できない飛行物体』

すなわち、

「正体を確認できないが、飛行物体には、まちがいない。」

という、雰囲気の意味である。そして、「正体が確認できない」というのは、

「地球で製造されているすべての飛行物体に当てはまらない。」

という意味があるので、

『地球外知的生命体が製造したとしか思えない飛行物体』

という意味を含んでいる。そういう『雰囲気』の言葉なのだ。従って、

『空飛ぶ円盤、あるいは、地球では製造されていないタイプの宇宙船』

こういう意味を持っているので、

「あの飛行物体は、ユーフォーにまちがいない。」

と、英語で言う場合は、

「あの飛行物体は、宇宙人が製造した円盤か何かに、まちがいない。」

という意味になり、文章として、不自然ではない。

「ユーフォーは、存在するのか、存在しないのか?」

英語で、こういう言い方をする場合、それは、

「『地球人が製造したとは思えない飛行物体』は、存在するのか、存在しないのか?」

こういう意味であり、「文章としておかしい」という事はない。

儒教における『論語』もまた、同じような勘違いが多いし、イスラム教における『コーラン』もまた、似たような勘違いが多い。それを見抜けるかどうかが、正確な解読ができるかどうかの、鍵になる。





REFERENCE DOCUMENT
参考文献

【ja.wikipedia.org】
聖書翻訳





----- END (終) -----






ADMIN MEMO


NEW PAGE <THESIS 053> 2019.08.16.1220-1400 /// 08.17.1010-1110 ||| 08.17.1130 UP |||