lil69ili.com - THESIS 054

「地球人類の未来」
< Chikyuu Jinrui No Mirai >
< ちきゅうじんるいのみらい >

" Terrestrial Mankind's Future"





日本語が読めない人は、『全自動翻訳機』をお使いください。
If you cannot read Japanese-Language, please use "Full Automatic Translation Machine."

英語が読めない人は、お近くの『大卒者』に聞いてください。
If you cannot read English-Language, please ask to your near place's "College Graduated Person."



<助言> ページが長いので、「ページ内のリンクの無い場所」をマウスでクリックしてから、キーボードの『方向キー』でスライドさせると便利です。




UPLOAD 2019/12/12




近年は、医療(用精密機器)の発達もすばらしいものだが、未来の地球人類が、どういう生活になるのか、考察してみたい。

まず、来年、西暦2020年、地球人類は、他の惑星の人類とのコンタクトに成功する。その奇跡を記念して、西暦2021年からは、1582年から使われてきた、それまでの『グレゴイオ暦 [ Gregorian Calendar ] 』に代わって、『宇宙暦 [ Cosmic Calendar ] 』の使用が始まり、『グレゴイオ暦2021年=宇宙暦元年』となる。

西暦2100年=宇宙暦80年頃の、人類の生活は、具体的には、こうなる。

会社員の基本的な職業は、

『ロボット製造工場従業員 [ Robot Factory Worker (= R.F.W.) ] 』

である。私生活では、人口爆発を防ぐ方法として、

『美女{びじょ}奴隷ロボット [ Beauty Slave Robot (= B.S.R.) ] 』
『美男{びなん}奴隷ロボット [ Handsome Slave Robot (= H.S.R.) ] 』

というのが、登場する。これは、

「触感{しょっかん}に関して、生身{なまみ}の人間とまったく同じ感触{かんしょく}の皮膚を持ったロボット』

である。普通の人間では、嫌がるような、エグいプレイも、OKなので、爆発的にヒットして、このために、人間同士のプレイが激減して、人口爆発が止まるわけである。2019年現在、全世界人口は、『77億人』であるから、このロボットたちは、『人類の救世主』となりえる。

仕事では、『ロボット製造工場の従業員』であるが、私生活では、家事は、すべて、『家政婦ロボット [ Housekeeper Robot (= H.K.R.) ] 』が、やってくれるので、人間は、家事労働から解放される。家政婦に関しては、奴隷と違って、『触感』は、どうでもいい。

買い物は、インターネットで、何でも購入できるので、わざわざ買い物をするために、自分で自動車を運転する必要はない。どんな商品でも、宅配で持ってきてくれる。もちろん、運ぶのは、『配達ロボット [ Delivery Service Robot (= D.S.R.) ] 』である。

もし、旅行などで、外出する場合は、『全自動運転自動車』に乗るので、自分で運転する必要はない。「行き先」を声でリクエストすれば、あとは、自動車のコンピューターが、すべて自分でルートを考えて、自分で自動車を発進させて、目的地まで、全自動で運転してくれる。

『運転手ロボット [ Vehicle Driver Robot (= V.D.R.) ] 』が運転するタイプの自動車も登場しているかも知れない。電車やバスやタクシーなどは、ロボットが運転するタイプになるだろう。

百貨店などでは、『販売員ロボット [ Shopgirl Robot (= S.G.R.) ] 』が活躍する。飲食店も、『給仕{きゅうじ}ロボット [ Restaurant Waitress Robot (= R.W.R.) ] 』が接客{せっきゃく}する。

人間は、私生活では、なにもしなくていい。すべて、ロボットが、やってくれる。ただし、人類の基本的な職業は、『ロボット製造工場の従業員』である。





REFERENCE DOCUMENT
参考文献

【ja.wikipedia.org】
セックスボット





REFERENCE VIDEO
参考ビデオ

【www.youtube.com】
You can soon buy a sex robot equipped with artificial intelligence for about $20,000
<VIDEO 00:07:27> [PUBLISH 2018/04/25 (EST)]





----- END (終) -----






ADMIN MEMO


NEW PAGE <THESIS 054> 2019.12.12.1510-1710 ||| 12.12.1730 UP |||